家計を安定させるためのFXトレード

荒れた市場での今後の株式投資

現在の株式市場は非常に荒れており、リーマンショック後の世界経済牽引していた中国経済に問題が生じて、世界全体の次の動力がどうなるのか、先進国全般の金融危機や政治的な問題等で、常に市場が安定しないものです。
実際に株式投資ではアベノミクス効果で大きな利益を得る事も出来ましたし、20000円台からの5000円程度の暴落も長い目で見れば調整の範囲ですから、トータルではそれ程のダメージも無かったです。

今までのサイクルから言えばアメリカの利上げ後の動きというのは重要な意味を持っていて、2016年は一旦円高株安に揺れると感じますが、そこから円安株高へと舵を切ると予想しています。
ただし、世界全体に燻った様々な市場混乱のトリガーが無数に転がっていますし、現在の株価の位置的にも全力で買いとも言えない位置です。

株式投資はトータルで利益にさえなれば良いですし、リスク管理さえ徹底していれば問題無いですが、今後の市場の動きは判断が難しい局面でもあります。

投資の魅力や株式投資の努力

最近、資産運用のために力を入れている方法といえば投資についてです。
銀行に資産を預けていても、昔と違ってほとんど利息が増えてくれることは無いのが現状ですし、少しでも資産を効率良く増加させたいならば、投資するのがおすすめです。

私は父が株式投資を本格的に行っていることに影響を受けて、現在複数の銘柄の有価証券を保有して、株式投資を行っています。
日々、チャートの変動をアプリで確認するようにしたり、良さそうな銘柄が無いかと情報集めをしたり、チャートブックを読み込んだり、一生懸命に株式について勉強を重ねている所です。
株式投資では、保有している企業によっては株主優待を受けることも出来たり、配当金を受け取れたりもするので、本当にお得です。

投資といえば難しそうなイメージが持たれがちですが、投資はある程度自分で勉強するようにすると、失敗のリスクを減らせることも分かりました。
最近は少額からでも始められるFXといった投資方法も大人気ですし、若い人の間にも投資は注目されています。

投資を怖がり過ぎないで

株式・不動産・先物それにFXなども加わって投資市場は近年その多様さを増しています。
昭和の終わりから平成にかけて日本では多くの人が投資に参入し、巨額のお金が動く様はマネーゲームと称され、湧き上がった投資熱によって起きた好景気の波は全国を覆いました。

しかしそれも長くは続かず、下がり始めた株や土地の価値はその後暴落、所謂バブル崩壊となったのです。21世紀に入ってからもリーマンショックという世界的な株価下落が起きるなど苦い経験で負の面ばかりが強調されがちなのでリスクを必要以上に恐れて投資に二の足を踏む人は少なくないと思われます。
しかし、高齢化社会が進む今、資産運用の方法として投資の重要性はこれまでになく増しています。
労働収入が無い年金生活者などは貯金を切り崩すなどして生活していることが多いですが、運用できる資産を持っているならそれは重要な収入源になり得ます。

年金の減額も予想されていますし、預貯金も切り崩せば減る一方です。
運用を正しく行えば資産は着実に増やすことができるのですから、その一つの方法として今一度、投資に目を向けては如何でしょうか。

私の投資方法

株式投資をするときに銘柄選びは避けて通れない道です。
ただし、どのように銘柄を選ぶかはその人の選び方なので、ある人がやっている銘柄選びの方法がある人にとっては受け付けない方法になってしまうこともあります。

株式投資初心者の方やあまり銘柄選びにかけたくない人たちは、投資雑誌に載っている様々小型株を購入したりして高いパフォーマンスを出している人もいるようです。
私の株式投資初心者の頃は投資関連の記事が載っている雑誌を読み漁ったときもあります。
ただ、最近では小型株の個別銘柄に投資することがなくなり、もっぱら大型株価ETFに投資することが多くなったので、政府が発表する統計を見たり、海外の統計を見て投資する時期だけを決めることが多くなりました。

この投資のやりかとですと四季報を少し証券会社のホームページにログインして少し眺めたり、企業のホームページに言って財務諸表などをしっかりと見なくても良いので投資先を調べる時間がかなり節約になります。

Scroll To Top