家計を安定させるためのFXトレード

荒れた市場での今後の株式投資

現在の株式市場は非常に荒れており、リーマンショック後の世界経済牽引していた中国経済に問題が生じて、世界全体の次の動力がどうなるのか、先進国全般の金融危機や政治的な問題等で、常に市場が安定しないものです。
実際に株式投資ではアベノミクス効果で大きな利益を得る事も出来ましたし、20000円台からの5000円程度の暴落も長い目で見れば調整の範囲ですから、トータルではそれ程のダメージも無かったです。

今までのサイクルから言えばアメリカの利上げ後の動きというのは重要な意味を持っていて、2016年は一旦円高株安に揺れると感じますが、そこから円安株高へと舵を切ると予想しています。
ただし、世界全体に燻った様々な市場混乱のトリガーが無数に転がっていますし、現在の株価の位置的にも全力で買いとも言えない位置です。

株式投資はトータルで利益にさえなれば良いですし、リスク管理さえ徹底していれば問題無いですが、今後の市場の動きは判断が難しい局面でもあります。

Scroll To Top