家計を安定させるためのFXトレード

約定力が重要なポイントって知ってますか?

FXで勝てる人がいれば、勝てない人も必ずいるはずです。
その勝てない人に共通点があります。
FXでは上手く稼ぐ事ができなかった理由、それは簡単にいえば勉強不足だと思います。
FXの世界ではさっきまで昇っていた企業がいきなり暴落なんて当たり前の世界です。
それに飲み込まれないためにも情報を常に集め市場に敏感になり勉強が大切なのです。
あと、他の投資に比べて短期投資であるから、のんびりやさんでは稼ぐことができないって気がします。
FXの基本は為替間の差額利益を得ることです。
つまり円安の時にドルは高い、円高の時にドルは安いので、通貨が安いときに買って、高くなったら売るというのが基本です。
でも、高校で習ったこの考えを瞬時に判断するのって慣れてないと難しいと思います。
それとFXでは専門用語も多いですし、素早い判断が必要なので売買の場に長時間向き合える人向きです。
どんな投資でも儲けるためには努力が必要ですが、片手間でできるほど甘い世界ではありません。
落ちたと思ったら思い切って損切りをするのです。
また昇るかもしれないと思っているとどんどん含み損でマイナスが膨れ上がってしまったりします。
今はさまざまな投資方法があるわけですし、個人的にはFXは向いていなかったと思ってやってません。
個人に合う投資方法はいくらでもあるので、向いてないと思ったら辞める勇気を持つのも大事だと思います。

また何より自分にあった業者を見つけられるのも重要なポイントです。
その中の一つ、約定力が入ってきます。
約定とはFXにいて取引が成立した事を言います。
FXでは業者に注文を出して、それが即成立するわけではないのです。
場合によっては約定拒否もあり得るわけです。
トレードする側からしたら即約定されることが望ましいですが、業者によってその処理や対応の速さにはばらつきがあるので重要なポイントになってきますよ。
ちなみに約定力が高い業者と言うのが、処理が早く正確という事になります。
約定力に低い業者は決して選んではダメです。
>>約定力が高いFX業者ランキング

そういえば今年に入って数ヶ月立ちますが、中国の経済不安などを理由として、不安定な動きを見せていた外為市場ですが少し落ち着きを取り戻してきた様に感じます。
日銀がマイナス金利政策を宣言し、本当の一時期、円安方向に進むかと見えた後、すぐに、それまで以上に円高が進んでしまった時は、一体どこまで円が買われてしまうのかと不安に感じましたが、どうにか落ち着いてくれた様です。
私は今持っている豪ドル円、ニュージーランドドル円はある程度のところまで、値が戻ったところで損切りするつもりにしています。

動きが荒い国への投資は、今年は控えておこと思っています。
何が起きるかわからないですからね。
投資をするなら、動きが激しくない米ドル円にします。
大きく儲けようとはせず、確実に、儲けていくのが良いかと思っています。
資金に余裕があっても、余裕を残しておいて万が一円高が大きく進んでしまった際に、投資できる余力を残した投資を心がけたいです。

Scroll To Top